建値改定情報:銅建値 1万円↑ 66万円(4/24 JX日鉱日石金属)亜鉛建値 1.8万円↑ 33.4万円(4/24 三井金属)鉛建値 1.7万円↓ 29.2万円(4/20 三菱マテリアル)                                                  買取価格大幅強化中!! ピカ線・並銅 買取強化中!! アルミ缶プレス 買取強化中!!

鉛の買取り

(なまり)は、原子番号82の元素で、元素記号はPb、英語ではlead(レッド)です。 大畑商事は、鉛スクラップを買取っています。

鉛(なまり)
鉛(なまり)

上の鉛片の分析結果
上の鉛片の分析結果

様々な鉛スクラップ
様々な鉛スクラップ

(なまり)は身の回りではあまり見られませんが、我々の生活を支える重要な金属です。

鉛の性質

(なまり)は非常に柔らかい金属です。 薄いものはハサミで切ることができますし、厚みが数mm程度であれば、素手でも曲げることができます。

薄い鉛板は、ハサミで切ることができる
薄い鉛板は、ハサミで切ることができる

鉛は柔らかく、簡単に曲げられる
鉛は柔らかく、簡単に曲げられる

(なまり)は錆びやすく光沢を失いますが、酸化皮膜が形成され、内部に腐食が進みにくい性質があります。 よって、光沢を失ったの表面を削ると、光沢のある面が出現します。

鉛の新しい断面
鉛の新しい断面

(なまり)は比較的重い金属です。 上述した内部に腐食が進みにくいことも合わせ、錘(おもり)に使用されることがあります。

錘は重さを出す必要がありますから、重い方が適していますし、 腐食が進行してしまうと、軽くなってしまいます。

鉛錘(えんすい)
鉛錘(えんすい)

釣りや魚網にもの錘(おもり)が使用されていることがありますが、 腐食が起きやすい金属だと頻繁に交換しなければならなくなります。 当然水濡れのある環境でもありますし、重さがあり、腐食も強く、かつ安価なが適しています(環境への影響は別)。

鉛バッテリー(鉛蓄電池)

は、自動車用等の鉛バッテリー(鉛蓄電池)の電極板に使われています。 精錬所にて鉛バッテリー(鉛蓄電池)を砕き処理することで、鉛を取り出し、金属リサイクルすることが可能です。

大畑商事が扱っている鉛バッテリー(鉛蓄電池)としては、自動車用、産業(工業)用、フォークリフト用、シールドバッテリーの4種類があります。

自動車用鉛バッテリー(カーバッテリー)
自動車用鉛バッテリー(カーバッテリー)

産業(工業)用鉛バッテリー
産業(工業)用鉛バッテリー

フォークリフト用鉛バッテリー
フォークリフト用鉛バッテリー

シールドバッテリー(密閉型鉛バッテリー)
シールドバッテリー(密閉型鉛バッテリー)

詳細は、鉛バッテリーについてをご覧ください。

鉛管

鉛管(えんかん)は、水道やガスの輸送管として使われています。

鉛管(えんかん)
鉛管(えんかん)

鉛管以外の部分があると減額対象になります
鉛管以外の部分があると減額対象になります

は柔らかく(曲げやすい)、引きまわしやすいために使用されています。

鉛板

鉛板(えんばん、なまりいた)は、文字通り鉛の板です。

鉛板
鉛板

遮音用やX線防護用等に使われています。

鉛錘

鉛錘(えんすい)は、の錘(おもり)です。 釣具の錘や魚網の錘等に使われています。

鉛錘(えんすい)
鉛錘(えんすい)

鉛以外があると減額します
鉛以外があると減額します

は比重が大きく、小さくても重量が出るため、錘に向いています。

バランスウェイト

自動車用ホイールに、バランス(均衡)調整のために取り付けられています。

バランスウェイト
バランスウェイト

鉛のバランスウェイト(アルミホイールの内側に貼り付けられている)
鉛のバランスウェイト(アルミホイールの内側に貼り付けられている)

鉛のバランスウェイト(この形状でも鉄や亜鉛のウェイトがあるので要注意)
鉛のバランスウェイト(この形状でも鉄や亜鉛のウェイトがあるので要注意)

亜鉛のバランスウェイト
亜鉛のバランスウェイト

鉛+鉄のバランスウェイト(アルミホイールの淵に噛ませてある)
鉛+鉄のバランスウェイト(アルミホイールの淵に噛ませてある)

鉛+鉄のバランスウェイト(赤丸部分は鉄)
鉛+鉄のバランスウェイト(赤丸部分は鉄)

バランスウェイトには、のもの、のもの、亜鉛のもの、鉛とが組合わさっているものがありますので、注意が必要です。 亜鉛のウェイトは雑品扱いになります。

活字鉛(かつじなまり)

活字鉛は、活字合金(かつじごうきん)、金属活字(きんぞくかつじ)とも呼ばれる、鉛合金の小片です。

活字鉛(活字合金)
活字鉛(活字合金)

何れも小片であるが、様々な大きさがある
何れも小片であるが、様々な大きさがある

文字が刻(きざ)まれている
文字が刻(きざ)まれている

錫(スズ)、アンチモン(Sb)の合金であるため、純鉛に比べ買取価格は低くなります。 亜鉛(あえん)等、鉛でない活字合金もありますので注意してください。

活字鉛と活字亜鉛の見分け方

であれば柔らかいので、マイナスドライバーの先等で削れば簡単に削れますが、亜鉛の活字合金は削れにくいので、判断材料にしてください。
また、以下の写真のように見た目でも判断できます。

活字鉛
活字鉛
活字亜鉛
活字亜鉛

活字亜鉛活字鉛は見た目非常によく似ていますが、
活字亜鉛は縦と横の二方向に深い溝があり、活字鉛は横に切れ込みがあることが特徴です。 硬さと写真のような特徴を元に判断して混ざらないように注意しましょう。
混ざってしまうと買取価格が下がってしまいます。見た目がよく似ているので、
一緒であると考える方が多いですが別々にお持込いただいたほうが高く買い取ることができます。

半田(はんだ,ハンダ)

電子工作の半田付けに使用される「半田(はんだ,ハンダ)」は、錫(すず)からできています。

半田(はんだ,ハンダ)
半田(はんだ,ハンダ)

Pb(鉛):50.58 Sn(錫):49.42
Pb(鉛):50.58 Sn(錫):49.42

最近はを含まない「鉛フリー」の半田も見られます。 詳細は、半田(はんだ,ハンダ)についてをご覧ください。

鉛スクラップ買取に関連するコンテンツ

通信買取

仮定銅建値計算ツール

LME 為替( TTS )  
[Most Recent Quotes from www.kitco.com]

銅建値計算ツール使用例仮定建値計算ツールの使い方
LMEと為替を入力してください。
為替(TTS):2017年4月29日 6時10分現在