建値改定情報:銅建値 1万円↑ 75万円(8/17 JX日鉱日石金属)亜鉛建値 1.5万円↑ 38.8万円(8/17 三井金属)鉛建値 0.6万円↑ 32万円(8/8 三菱マテリアル)                                                  買取価格大幅強化中!! ピカ線・並銅 買取強化中!! アルミ缶プレス 買取強化中!!

基板の買取り

お知らせ(品目内容の統合と変更)_2015年5月28日掲載

日頃から基板の買取は種類が多くわかりにくいとの声があり、買取品目をわかりやすくするために統廃合を行うこととなりました。
基板を(S・A・B・C・家電)の5種類にし、以下の通り統合を行いました。

基板買取品目変更内容

携帯電話基板、スロット型CPU、マザーボード(上)、拡張カード、パチンコ・パチスロ基板A/Bは廃止
以下の通り統合を行います

基板変更内容
マザーボード(下)は『マザーボード』へ変更

基板の買取り

基板(「基盤」と書かれることが多いが誤り)とは、プリント基板にIC(集積回路)や、コイル、抵抗、コンデンサー等の電子部品を実装したものです。 銅箔が張り巡らされており、そこに電子部品を取り付けることで、電気回路を構成しています。 電子基板と呼ばれることもあります。 基板そのものを目にすることは少ないのですが、テレビ、ビデオデッキ、携帯電話、パソコン(マザーボード拡張カードメモリー)、パチスロ、バッテリー式フォークリフト等、様々な電気機器の内部に入っています。 ここでは、IC(集積回路)等の電子部品が実装されたものを基板と呼ぶことにします。

基板スクラップ
基板スクラップ

弊社ヤード内での基板スクラップ分別作業
弊社ヤード内での基板スクラップ分別作業

基板には、金、銀、パラジウム等の希少金属が含まれており、これらの希少金属を取り出し、リサイクルするのが主目的です。 もちろん、基板にはアルミニウム等も含まれますが、これらは先の希少金属に比べると価値が格段に低いため、 真鍮アルミニウムステンレスプラスチック、及びそれらで構成された部品等が多く含まれる基板の価値は大きく下がります。

パソコン関連の基板

パソコン関連の基板についてはパソコンパーツスクラップのページをご覧ください。

基板の価値

基板の買取は、アルミニウムと同じく重さ単位(円/kg)で行いますが、 その価値は幅広く、価値の高いものから、価値ゼロ、及びマイナス(産廃行き)のものまであります。 先述したように、基板は様々なところで使用されており、質が異なります。 これは、採れる希少金属の割合が大きく異なるということになります。 よって「基板=いくら!」という値付けができません。 つまり、現物を見ないとならない、ということです。 例外として、マザーボード拡張カードメモリー買取価格は公開しておりますが、 これは、パソコンのマザーボードというものが何かというものが決まっている(採れる希少金属の割合がおおよそ決まっている)ためです。

質の高い基板
質の高い基板

質の低い基板
質の低い基板

また、その質毎(ごと)に分別できているかも重要です。 質の良い基板と質の悪い基板を混ぜてしまうと、弊社での手分け(かなりの手間がかかる)が必要となりますので、買取価格は下がってしまいます。 ただ、お客様の都合で分けることができない場合(時間、人、場所)もあろうかと思いますが、 評価及び買取は可能ですので、お持込みください。

基板の質

繰り返しになりますが、基板は多種多様であり、価値を言葉で説明するのは困難です。 写真で補うことはある程度可能ですが、一見、質の高い基板に見えても、他に付いている部品のために価値がなくなるものもあります。 重要なのは、非常に少量含まれている希少金属が目的ですから、 希少金属以外のもの(銅や真鍮、アルミニウム、ステンレス、鉄、プラスチック、及びそれらで構成された部品等)が付いていると、 含まれる希少金属の割合は大きく下がると言うことです。 たった10gのアルミニウムでも、1kg中に0.数gあるかないかという希少金属を取り出すという目的に於いては、希少金属の割合を大きく下げることになってしまうのです。 また、どのくらいの細かさで分けるか(3段階とするか5段階とするか10段階とするか)、 どの質を以って上とするか、中とするか、下とするか等、色々ありますので、 スクラップリサイクルに於ける基板は、なかなか難しい分野です。

基板の質を上げる要素

背が低く足の多いIC(集積回路)が、密度高く付いている基板が、価値の高くなる傾向にあります。 また、セラミック(紫色の陶器製で表面がザラザラしている)CPUも質を上げる要素になります(但し、CPUはそんなにたくさんは付いていません)。

背が低く足の多いIC
背が低く足の多いIC

セラミックCPU(モトローラ製)
セラミックCPU(モトローラ製)

セラミックCPU(Panasonic製)
セラミックCPU(Panasonic製)

セラミックCPU(Intel製)
セラミックCPU(Intel製)

但し、これは注意深く見ないとなりません。 IC(集積回路)に見えて、実はただの固体コンデンサー(逆に価値を下げる要因)ということもあります。

基板の質を下げる要素

先述したように、希少金属ではない真鍮アルミニウムステンレスプラスチック等が付いていると、基板の質が下がります。 また、電子部品であっても、コンデンサーや抵抗等、希少金属のあまり含まれていない部品が付いていると、質が下がります。

コンデンサー
コンデンサー

抵抗
抵抗

ヒートシンク(アルミニウム)
ヒートシンク(アルミニウム)

ICではないもの
ICではないもの

ヒューズ
ヒューズ

チョークコイル(銅)
チョークコイル(銅)

トランス(銅と鉄)
トランス(銅と鉄)

鉄

スイッチ
スイッチ

スイッチ
スイッチ

デジタル表示部
デジタル表示部

LED
LED

ファン
ファン

電線
電線

電池(除去願います)
電池(除去願います)

電池(除去願います)
電池(除去願います)

目的は微量に含まれる希少金属なので、水(湿気)も無視できない
目的は微量に含まれる希少金属なので、水(湿気)も無視できない

アルミニウム等の非鉄金属リサイクルの視点から見れば、少しの付物(ダスト)ではないか、と思えますが、 基板の目的は、微量な希少金属なのです。

上質の基板

先述したように、背が低く足の多いIC(集積回路)やセラミックCPUが、密度高く多く付いているものが上質基板となります。

背が低く足の多いICが密度高く付いている
背が低く足の多いICが密度高く付いている

背が低く足の多いICが密度高く付いている
背が低く足の多いICが密度高く付いている

背が低く足の多いICが密度高く付いている
背が低く足の多いICが密度高く付いている

セラミックのCPUが多い
セラミックのCPUが多い

古いPC-98のマザーボードで鉄を除去したもの
古いPC-98のマザーボードで鉄を除去したもの

古いCバスの拡張カードでブラケット(鉄)を除去したもの
古いCバスの拡張カードでブラケット(鉄)を除去したもの

5インチハードディスクの基板
5インチハードディスクの基板

古い3.5インチハードディスクの基板
古い3.5インチハードディスクの基板

基板としては小さいが密度は高い
基板としては小さいが密度は高い

同じ機能の基板でも、昔の基板の方が質が高い傾向にあります。 これは、新しい基板は技術の進歩により無駄がない、ということになり、 本来は歓迎すべきことなのですが...基板リサイクル的にはアレですね。 さらなる上質の基板については基板(上)・・・質の高い基板をご覧ください。

低質の基板

基板ではあるが、雑品(雑スクラップ)よりは少し良いだろう、という程度のものです。 家電系の基板(赤色/茶色のことが多い)、電源基板(質の低い部品が大量に付いている)がここに属します。

赤色/茶色で、典型的な家電基板、ICが数個しかなく、希少金属を含まない部品ばかり
赤色/茶色で、典型的な家電基板
ICが数個しかなく、希少金属を含まない部品ばかり

勿論、赤色/茶色でない家電基板もある
勿論、赤色/茶色でない家電基板もある

左下部や右上部にICが数個見られるが、それ以外が多すぎる
左下部や右上部にICが数個見られるが、それ以外が多すぎる

電源基板、ヒートシンクやコンデンサーばかり
電源基板
ヒートシンクやコンデンサーばかり

右にあるのはICではなく、上にアルミニウム棒、茶色は銅主体の部品、下はディップスイッチと抵抗
右にあるのはICではなく、上にアルミニウム棒、
茶色は銅主体の部品、下はディップスイッチと抵抗

ICがあるものの密度が小さく、左下に電池が!(電池は除去願います)
ICがあるものの密度が小さく、左下に電池が!
(電池は除去願います)

ICが多いように見るが、よく見ると左下の数個のみ(右上はICではない)
ICが多いように見るが、よく見ると左下の数個のみ(右上はICではない)

ICのように見えるがそうではないものに注意しましょう。

基板とは呼べないもの

質が低すぎて、もはや基板には分類できないものです。

基板の下にあるのは全てアルミであり、アルミの割合が大きすぎる
基板の下にあるのは全てアルミであり、アルミの割合が大きすぎる

これもL字型の巨大なアルミ板が!
これもL字型の巨大なアルミ板が!

基板と呼んでもいいのだろうが...
基板と呼んでもいいのだろうが...

見た目がもう悲しい...
見た目がもう悲しい...

巨大コンデンサーとヒートシンク(アルミ)が重量の大半...
巨大コンデンサーとヒートシンク(アルミ)が重量の大半...

コンデンサー祭り(笑)
コンデンサー祭り(笑)

実装部品がない「カラ基板」
実装部品がない「カラ基板」

付物が大きすぎる
付物が大きすぎる

これらは雑品(雑スクラップ)とするか、質の低すぎる(真鍮アルミニウムステンレスすらない)ものは雑品(雑スクラップ)にも入れられない(産廃行き)となるものもあります。

最後に

基板は種類が多く複雑で、現物を見ないと値段が付けられません。 しかし、お客様が、今まで雑品として他へ売られていたとすれば、それは非常にもったいないことです。 基板を雑品と一緒に20円/kgで売っていたとして、その基板が200円/kgで売れれば、10倍にもなります。 たまにしか出ない、少ししか出ないのであれば、雑品でも構わないかもしれませんが、 定期的に出る、大量に出るような場合は、基板は基板として分けて売っていくよう、見直す必要があるでしょう。

基板(廃基板)買取リサイクルに関連するコンテンツ

通信買取

仮定銅建値計算ツール

LME 為替( TTS )  
[Most Recent Quotes from www.kitco.com]

銅建値計算ツール使用例仮定建値計算ツールの使い方
LMEと為替を入力してください。
為替(TTS):2017年8月19日 6時10分現在